1. ホーム
  2. 保湿クリーム
  3. アヤナス
  4. ≫アヤナスはほうれい線対策にも使える?【敏感肌のスキンケア】

アヤナスはほうれい線対策にも使える?【敏感肌のスキンケア】

ブルドッグ顔
私は今年で34歳になるのですがこの年になると、同年代の女性に中には目元や額のシワだけではなく、口の周りにあるほうれい線で悩む方も出始めてきます。いわゆるほっぺたが垂れ下がった『ブルドッグ顔』と呼ばれるような状態ですね。


この記事を読んでくださっている方の中にも、そのようなブルドッグ顔を作りだすほうれい線に悩んでいる方は少なくないでしょう。そして、対策にはどのような化粧品を使えば良いかを、多くの方が知りたいと思います。


例えば、敏感肌の女性のしわ対策に人気となっているエイジングケア化粧品のアヤナスは、ほうれい線対策にも使えるのでしょうか?


その問いに対する答えと理由を以下では詳しく解説させて頂きます。ほうれい線の改善や予防に注意をしたい方は、ぜひご覧になってみてください。

ほうれい線の改善で重要なのはたるみの解消

先ほどの質問についてですが、結論からお伝えするとアヤナスはほうれい線の対策にも使うことができます。

アヤナスクリーム
その理由は、顔に出来るシワのたるみの原因が同じものだからです。そのどちらもが真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維が傷ついているために、顔の皮膚を支えきれくなったことによって起こります。


ですから、コラーゲンの生成をサポートしてくれる『CVアルギネート』が配合されたアヤナスは、ほうれい線の効果を期待できると言えるんですね。


ただし、1点だけ注意が必要です。それは、ほうれい線は目元や額のシワと比べて、より難しい問題だからです。そもそも目元や額のシワや表情を動かさなければ、特に目立つことはありません。しかし、ほうれい線の場合、顔を動かさなくても目立ちます。


その理由は顔のほっぺの脂肪の肉が厚く、コラーゲンだけで支えることが難しいからなんですね。そのため、ほうれい線のケアについてはアヤナスのような基礎化粧品でコラーゲンをカバーしつつ、口周りの筋肉を鍛えて脂肪を支えられるようにすることが必要になってきます。


トレーニングの具体的な方法としては、500mlの空のペットボトルに少量の水を入れて、それを口に加えてキープするという内容です。これを毎日10秒キープ×3セット行えば徐々に顔の筋肉は鍛えられていきます。ただし、アゴに痛みを感じたら、すぐに中止をしてくださいね。


ぜひ、アヤナスと口元周辺の筋肉を鍛えるトレーニングに取り組んで、ほうれい線を解消させていきましょう。なお、アヤナスのASクリームの詳細なレビューは次の記事でチェックできます。

⇒ アヤナスASクリームのレビュー@自腹購入した私の口コミ

全額返金保証付きで使うことが可能ですので、新しい化粧品が自分に合うか不安だという敏感肌の方も安心して使用可能です。

【当サイトの人気記事】保湿化粧品5商品を徹底比較!

保湿コスメ比較

【本当に良いのはコレ!】保湿クリームランキング

保湿クリームランキング

【あなたはどのタイプ?】肌の症状で分かるおすすめコスメ

  • 年齢肌のケアで大切なこと
    年齢肌で保湿成分セラミドだけでは改善できません。加えて美容成分がたっぷり配合されたクリームを活用しましょう。

  • 乾燥肌のケアで大切なこと
    乾燥肌に大切なのは保湿成分セラミドを配合していることに加えて、それがより浸透しやすい形で配合していることです。

  • 敏感肌のケアで大切なこと
    敏感肌で大切なのは肌への刺激が少ない、安全性の高いコスメを使うこと。ドクターズコスメなら安心して活用できます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.